洗顔でお肌は変わる | スキンケア新発想の朝洗顔・夜洗顔

《公式》モナール化粧品

  • お買い物ガイド
  • お問い合わせ
  • お電話での注文も承ります
  • マイページ
  • カートを見る

スキンケア発想の新しい習慣

美肌への近道は皮脂を味方にすること

お肌に塗ってもいいような美容液洗顔料

人生をかけて伝えたい

みなさんは朝と夜、それぞれどんな洗顔をしていますか?

「朝も夜と同様に同じ洗顔料で洗っている」「夜はしっかり洗うが、朝は水洗顔だけ」とそれぞれでしょう。朝と夜の洗顔は美肌に欠かせない美容習慣です。
しかし、間違った洗顔は肌トラブルの原因になりかねません。

朝と夜の洗顔

皮脂を味方にできるかが美肌への分かれ道

スキンケアの基本は「洗う」「汚れを落とす」のふたつ。
しかし、乾燥やニキビ、くすみといった肌トラブルの原因は過剰な洗顔による皮脂の取りすぎにあります。 洗顔の基本は、朝と夜の1日2回。
つまり、洗浄成分を含んだ洗顔料で2回も大切な肌のバリアである皮脂を洗い流していることになるのです。
水分の蒸発を防ぐ皮脂を必要以上に洗い流すことで、外部からの刺激が肌にダイレクトに伝わってしまい、肌が弱った状態になってしまいます。

皮脂を味方に!

本当に洗顔に泡は必要?

一般的に洗顔料は泡立てて使うものとされていますが、この泡立ち成分には食器洗剤やシャンプーにも含まれている「合成界面活性剤」が使われていることが少なくありません。
デリケートな肌にこうした強い洗浄成分がダメージを与えてしまうことは容易に考えられます。
私たちの肌の角質層は、皮脂、天然保湿因子(NMF)、角質細胞間脂質の3層で成り立っており、この角質層が外部刺激から肌を守るバリア機能を担っています。「合成界面活性剤」によって、この肌を守る機能が失われると、皮膚の水分が蒸発しやすくなり、肌の乾燥を引き起こしてしまうのです。

本当に洗顔に泡は必要?

そこで大切なのは、“本当に”余分な皮脂のみを落とすこと。

正しい洗顔を行えば、肌は必ず変わります。

こうした大前提を踏まえてMONNALがおすすめするのが、
  • (1)朝と夜で洗顔料を使い分けること
  • (2)夜のみ、洗浄成分の入った洗顔料で洗うこと
       (洗浄剤がお肌に触れる回数は1日1回のみ!)
  • (3)朝は美容液でふき取る、もしくは美容液で軽く洗い流す洗顔をすること
という3つのポイントを押さえることです。

汚れを落とすだけの洗顔はもう終わりにしませんか?

眠りから目覚めたばかりの朝と、一日の脂や汚れの浮いた夜で洗顔を分けるのは、とても自然なことです。
そこで誕生したのが、MONNALの朝専用美容液洗顔料と夜専用美容液洗顔料。これらは朝と夜、それぞれの肌のコンディションを考えた上で開発されました。

朝と夜ではお肌の汚れが違います

朝専用美容液洗顔料「ラグジュアリーモイストザ・エッセンスウォッシュゲル」は、洗浄成分ゼロの泡立たない洗顔料です。
肌に必要な水分や油分を適度に残しつつ、不要な汚れや老廃物のみを洗浄できるこの製品は、シンデレラケアという新成分を含んだ新しい洗顔料となっています。 また、美容液成分がふんだんに含まれているため、そのまま塗ってパックのように使うことができるのも魅力です。
朝、「ラグジュアリーモイストザ・エッセンスウォッシュゲル」で洗った後は、軽くぬるま湯ですすぐか、濡らしたコットンでふき取るだけでOK。
そして「VC リセットフェイスウォッシュ」は石油系界面活性剤不使用の夜用洗顔料。 こちらは、一日の汚れや余分な皮脂をしっかり落とすよう、4種のクレイをバランスよく配合し、肌の汚れを優しく取り除きます。ビタミン誘導体数種類とセラミド4種とリピジュア®配合することで、透明感あるみずみずしいお肌に導く効果も期待できます。また、こちらの洗顔料は、夜の洗顔の後にお風呂で「毛穴パック」としても使用可です。

朝洗顔と夜洗顔

肌は人それぞれ

泡洗顔をやめることで皮脂を落としすぎることなく、すこやかな肌を保つことが、美しい肌への第一歩。
また、人それぞれ性格や顔のつくりが違うように、肌も人によって乾燥肌だったり、混合肌、脂性肌と癖があります。自分の肌を見極めて、肌質に合ったスキンケアをすることもとても大切。
例えば皮脂の出やすい脂性肌の方の場合は、寝ている間にも余分な皮脂はできてしまいますので、朝・夜ともに夜用美容液洗顔料を使うことをおすすめします。

  • MONNAL 美容コラム ~美しい生き方をサポート~
  • 橋本和香さん×催 対談 美しく・賢く生きる為の、女性のあり方
  • 公式 Facebook ページ
  • 公式 Twiiter ページ